カテゴリー別アーカイブ: 女性の窓

月経前症候群について

    月経前症候群(PMS)について健康な女性において、身体の不調や気分が月経周期に伴い変化(月経随伴症状)することを経験することが知られています。月経前に身体症状や気分の変化を自覚する女性は50~80%といわれ報告されています。月経前期症候群(PMS)は、月経は始まる10日前頃から以下のようないくつかの症状が表れ、月経が始まると症状が消失または減弱するといわれています。月経前に出現率の高い症状... 続きを読む

不妊症の鍼灸治療

                不妊症の鍼灸治療陽だまり ’はりきゅう治療室では、妊娠を考えている女性へ鍼灸治療を行っています。アメリカの病院で、鍼灸治療により体外受精から出生率が上がったという報告があります。この報告では、体外受精により着床率が上がり、さらに妊娠が継続されることが示されています。陽だまり ’はりきゅう治療室では、採卵数を増やし、着床率を高め、妊娠継続の治療を行っています。基本的に... 続きを読む

つわり・腰痛治療

つわり・妊産婦の腰痛の鍼灸治療つわり(妊娠悪阻)について原因つわりは、妊娠4週頃からはじまる気持ち悪さ(悪心)、吐き気(嘔吐)、食欲不振、味覚や嗅覚の感受性が高まることによって起こる不快症状です。つわりは、妊娠4週頃からはじまり、自覚を感じるのは5~6週頃が多いようですが胎盤が完成する15週頃までに大体落ち着くようです。(妊娠初期から持続。妊娠後期で症状がひどくなることもあるようです)。つわりは、... 続きを読む

逆子の治療

「逆子(骨盤位)」の鍼灸治療 現代医学を基盤にした鍼灸療法 現代医学的に病気の起こり方を医科学的に症状発現の原因を探り、出現した症状の医科学的な根拠に基づいて「鍼灸刺激」を行い、鍼刺激、あるいは灸刺激の生理的作用を利用して症状の改善を導いていく。 逆子について 妊娠の早い時期から赤ちゃんは、お腹(子宮)のなかで動いていますが、妊娠28週くらいから頭が下(頭位)になり安定するようになります。... 続きを読む

婦人科・産科の治療

「婦人科・産科系疾患」の鍼灸治療近年、Women’s Health Care (女性医療)が広く知られるようになってきました。女性特有の身体症状は、外的変化として社会環境・生活環境、内的変化として内分泌的要因・心理的・社会的要因の影響が背景に存在しています。女性特有のライフスタイルは小児期から思春期、成熟期、更年期、老年期と経過し、女性のホルモン環境は思春期、成熟期、更年期の月経周期にともない「不... 続きを読む