作成者別アーカイブ: nakano

平成29年 ネパールでの鍼灸ボランティア活動

ネパールでの活動について

平成29年9月16日・17日・18日にネパール小児病院で鍼灸ボランティア活動を行ないました。

活動においては、安全に事故がなく治療を受ける人々に不利益がないようにすることが何より大切と考えました。

事前のポスター告知で予約150人、予約待ち50人と聞いていましたのでネパール Dr, ナース、医療スタッフの協力がなくてはなりません。

その為にDr、ナース、医療スタッフへ鍼灸についてのレクチャーとデモンストレーションを行いました。
治療室のレイアウトも工夫し、ベッドを壁際に並べて中央に鍼灸道具類を置きました。それにより、治療を受ける人の状態とスタッフの動きが見渡せるようにしました。
また、中央の鍼灸道具の置き方も工夫しました。
イレギュラーをなくすために鍼の廃棄は緑缶に、艾の灰入れは赤缶に色分けしました。
また、鍼の種類・番手も色分けして入れ物は別にしました。
それにより間違いをなくすことが出来ました。

ネパールの女性は、パンジャビ(Nepal民族衣装)を着ていますので治療ヶ所を出さなければならないことも少なくありません。
そのため、日本よりバスタオル2枚ほどの大きさの布をベッドごとに用意しました。
これにより肌の露出を少なくすることができ安心して治療を受けることが出来ます。

受付では、問診票を活用してスタッフが対応をしてくれました。
患者情報を一覧表に移し問診票と連動させ、治療後の連絡やその後の症状の聞き取りが出来るようにしています。

今回、パイオネックスと筒灸を使用しました。
パイオネックスでは、その後の注意点をネパール語で説明してもらいました。
筒灸についても熱くなることは心配ないとネパール語で説明してもらいました。
抜鍼については、鍼体をさわらないように行うことをレクチャーしました。

小児麻痺のリハビリや片麻痺のリハビリを行う施設がないことから鍼灸治療後の必要性を感じました。
この町には、ここの小児病院しかありませんから仕方のないことかもしれません。
鍼灸治療後、お母さんや家族にツボ刺激や関節運動を教えて継続して行ってもらうことも伝えられました。

スケジュール

1日目:

8:00~レクチャーとデモンストレーション

9:00~18:00鍼灸治療

治療者数:114名

2日目

9:00~18:00鍼灸治療

治療者数:148名

3日目

9:00~14:30鍼灸治療

治療者数:80名

訴えの多い疾患は、膝の痛み、腰の痛み、肩の痛みなどで、頭痛、胸の痛み、手足の関節の痛みや違和感などもありました。

鍼灸治療は、基本1人1回としましたが、小児麻痺と片麻痺の方は、3日間治療を行いました。
3日目には、当初の予想人数より多めに鍼やお灸を持ってきましたが、残念なことになくなってしまい治療を続けられる事が出来ませんでした。

今回の活動では、ネパールDr始め、ナース、医療スタッフの働きは素晴らしいものでした。
彼らなくしては、今回の活動は成り立たないと思います。すべてに感謝です。
また、ネパール語の通訳の先生の力も患者さんとのコミュニュケーションをとるうえで大変助かりました。
その陰で、細かいニュアンスも伝える事が出来ました。

今回の活動は初めの一歩に過ぎません。

これからいかにして継続した支援をしていけるか模索は続きます。

ありがとうございます。

 

ネパールでの医療活動報告PDFはこちら。

PDF
平成29年 ネパール医療支援活動報告(日本語)

PDF
平成29年 ネパール医療支援活動報告(英語)

活動の記録 平成29年

平成29年 地域支援活動の記録

岩手県陸前高田「はりきゅうマッサージ」ボランティア活動

2月12日

 

福島県会津若松市「はりきゅうマッサージ」ボランティア活動

7月2日

 

岩手県釜石市「はりきゅうマッサージ」ボランティア活動

8月16日・17日

 

ラジオ出演その③

ラジオ出演その③

文化放送 (AM 1134)くにまるジャパンの「アクティビスト・ジャパン」というコーナーで、お話をさせて頂きました。今回は、3度目の出演です。
東北へのボランティア活動から、ネパールでの医療支援活動まで、さまざまなお話をさせていただきました。

くにまるジャパンHP

当日の音声はこちらからお聞きください。

 

放送日時:2016年 96 (火曜日)

番組名:くにまるジャパン

時間:10 時 05 分~

コーナー名:「アクティビスト・ジャパン」 

内容:東日本大震災から6年。これまでの無料治療活動等について

放送形態:文化放送のスタジオ生放送

放送エリア:1都6県の全域および山梨、長野、静岡、福島、 新潟の一部地域

>>第一回目の放送はこちら

>>第二回目の放送はこちら

福島 鍼灸マッサージボランティア

叶わぬ思い・いつの日か戻れることを

1

平成28年6月26日
鍼灸マッサージボランティアで会津若松へ伺いました。
会津若松へは、約1年ぶり6回目の活動です。

いつも一緒に活動する仲間たちは、熊本支援へ赴いているため今回は単独での活動です。
今回は、何から何まで一人で行う様はさながら「初めてのお使い」気分でしょうか。
何気なくいつも頼っている仲間の存在をあらためて感じました。

福島浜通りの方々が会津若松(借り上げ住宅)で生活されています。
福島浜通りから会津に来られて5年が過ぎここから引っ越された方、残られている方、様々とのことです。

2

活動場所は、近くの町内会館で行いました。
平成29年3月には、避難指示が解除されるそうです。
しかし、「自分の町には帰ることはできないんだよ」と会長さんが寂しげに話されました。
解除されてもここに1~2年は居なければ・・・先は分からないなぁ・・・と。
世間ではすっかり忘れ去られてるしなぁーと。

3

今回、施術を受けに来られた方々は1年前に来られた方がほとんどで、とても懐かしく感じました。
来年3月には、みんなそれぞれ事情があるからバラバラになるかなぁ・・・
いつも元気な会長さんですが、心寂しさを感じました。
来年もここに残られている方々がいらっしゃれば、また来ますからと約束して今回の活動を終わりました。