初めて鍼灸治療を受けられる方へ

           初めて鍼灸治療を受けられる方へ

ご挨拶

「お身体の悩みは、ございませんか?」

私は、22年間「臨床(治療)・研究・教育」に携わり「専門的な鍼灸治療」を行ってまいりました。
この度、多方面からのご要望にお応えするべく皆様の地域(東京・千葉・栃木)にて、
はり・きゅう治療を始めさせていただいております。是非一度ご体験下さい。

鍼治療について

治療で用いる鍼の太さは毛髪ほどで、全て使い捨てで衛生面でも問題はございません。 刺す深さは症状や部位により異なりますが、皮膚に鍼を接触させるものや筋肉まで刺入するもの等です。

灸治療について

灸には間接灸と直接灸がありますが、一般的には間接灸を行います。間接灸は温かく心地が良く、皮膚に痕が残ることはございません。

鍼灸治療を受ける前の注意事項

●服装について

・診察・治療は、背中・お腹・手(特に肘から先)・足(特に膝から下)などへ行ないます。

・東洋鍼灸治療院及び陽だまりはりきゅう治療室では、治療着をご用意いがあります。(背中・お腹・手・足を出しやすい服装でお越しいただいてもお着替えをお持ちいただいても構いません。)

・治療前に、時計・ブレスレット・ネックレス・イヤリングなどの貴金属類、おはずしください。

●食事について

 ・治療前にお食事される方は、治療を受けられる2時間前に済ませていただけたらと思います。

●その他

 ・お手洗いは治療前にすませておいてください。

鍼灸治療を受けた後の注意事項        

・治療後の飲酒については、治療後2時間後ぐらいが望ましいですがお付き合いやお仕事で仕方ない場合は、治療によりお酒のまわりがよくなることがありますので飲みすぎにご注意ください。

・当日はゆったりとお過ごしいただき、治療後1時間程あけていただければ、ご入浴いただいても問題はございません。

治療効果と治療回数について

治療効果は症状や状態により個人差がありますが、治療間隔は1週間に1回で行ってい行くのが望ましいです。

鍼と灸の副作用について

重篤な副作用は殆どありませんが、治療後、体がだるくなることがございます。このようなときは運動を避けてゆっくりお休み下さい。これは一時的なもので1~2日で回復します。治療を重ねるごとにこのようなことは無くなっていきます。

鍼灸の効果

からだの中には、痛みを起こす「発痛物質」と、痛みをおさえる「鎮痛物質」と呼ばれるものがあります。からだに痛みを感じたときに痛みを抑える「鎮痛物質」は、からだに自然に備わっているものです。鍼灸治療の刺激が、脳に伝達され、鎮痛物質の分泌を盛んにさせて痛みの緩和を引き起こします。鍼治療はこうした体内防御機構を利用し痛みを和らげます。

鍼灸治療について

おからだ全体の状態を診させていただき、全身の様々な症状に対し総合的な治療を
行います。

  • はり治療(全て使い捨てです)
  • きゅう治療
  • 低周波はり刺激治療(筋肉を和らげます)
  • 温熱きゅう治療(皮膚を温めます)
  • 温熱はり治療 (はりと温熱により温めます)
  • 頚部調整法(手による調整です)

 

*画面左、各窓の項目をクリックして次の項目をご覧ください。